春夏秋冬

春生まれの私が、冬生まれの夫、秋生まれの娘、夏生まれの息子との生活を記しています。

子連れ極東ロシアの旅 2018GWの旅④ウラジオストク

日本でも荒天だった日、

ここウラジオストクも暴風雨でした…!

f:id:ayacosmos:20180505210852j:image

f:id:ayacosmos:20180505211049j:image

 

そんな時は、食と館内スポットに限る!

ということで、

 


☆レストラン平壌

店員さんが噂通りのべっぴんさんでしたが、

写真NGなのが悔しかった…!

鱈の辛味ソースがけが美味しかった。

f:id:ayacosmos:20180505205937j:image


☆limoncello 

またしても、プレイルームがあったため、

親はワインで乾杯!

f:id:ayacosmos:20180505210025j:image

f:id:ayacosmos:20180505210106j:image


☆グス カラス

水族館がで出会った日本人夫婦に

教えてもらいました。ここの店員さんも

べっぴんさんでした。店内、お洒落。

f:id:ayacosmos:20180505210159j:image


☆pyaty ocean

魚介が美味しすぎ、タコのサラダ、

タラバカニ、ホタテなんでもござれ。

白ワインのボトル2本を開けて、

お金も記憶も吹っ飛びました…

f:id:ayacosmos:20180505210308j:image

f:id:ayacosmos:20180505210353j:image

f:id:ayacosmos:20180505210425j:image

 


館内施設は、水族館、博物館などを堪能。

チョウザメと鯉が同じ水槽…

f:id:ayacosmos:20180505210508j:image

 

 

観光最終日は、なんとか曇ったので

街を散策できました。

ケーブルカーからの眺め

f:id:ayacosmos:20180505211141j:image

 

適当に入ったカフェが

おしゃれで美味しくて…

f:id:ayacosmos:20180505210550j:image


展望台からの眺めは素晴らしく…

f:id:ayacosmos:20180505210648j:image

 


潜水艦内で興奮する子供達…

f:id:ayacosmos:20180505210703j:image

f:id:ayacosmos:20180505210746j:image


お土産屋さんでついに

大量のプーチン大統領グッズに出会う。

f:id:ayacosmos:20180505210805j:image


年に一度の長期旅行、

満足しました。

ロシアの方は、美貌もさることながら、

急な要求にも真摯に対応してくれる、

国土並みの大らかさがありました。

また行くこと…あるかな。

スパシーバ!

子連れ極東ロシアの旅 2018GW③シベリア鉄道

時刻表は、モスクワ時間です。

ハバロフスクは、プラス7時間

予め、スーパーで夜ご飯を買い込みました。

荷物を運んでくれるお兄さんのおかげで、

何番線から乗れば良いかがわかりました。

f:id:ayacosmos:20180505170148j:image

f:id:ayacosmos:20180505170233j:image

 

4人なので、2等室を貸し切れる!と

思い込んでいたけれど、

いざ部屋を開けたらなんと先客が!!

ということで、24才女性&26才男性の

ロシアンカップルと相席に。

この2人、ロシア人には珍しく、英語が

喋れる上に、日本への敬意を一生懸命

語ってくれるわ、手作りのフードを

食べさせてくれるわ、子供の面倒を

見てくれるわ、なんとも素敵な方でした。

子供達は、時々部屋から脱走して、

同じ車両のお子様達と遊ぶなど、

子供達なりに、ロシア人と交流してました。

狭いベッドでしたが、子供2人は、

程よい時間から、到着まで爆睡。

私の中では、この行程が、

今回の旅で一番楽しかったかな…!

 

鉄道から見た夕日

f:id:ayacosmos:20180505170354j:image

子連れ極東ロシアの旅 2018GW②ハバロフスク

天気に恵まれて、町歩きが楽しめました。

f:id:ayacosmos:20180505165546j:image

f:id:ayacosmos:20180505165625j:image

f:id:ayacosmos:20180505165705j:image

 

 

 

ロシア正教会が青空の下に映える。

f:id:ayacosmos:20180505165136j:image 

f:id:ayacosmos:20180505165214j:image

 

 

アムール川…は綺麗ではない。

f:id:ayacosmos:20180505165252j:image

 

レストランカバチョークは、

子供のプレイルームが付いてる上に、

ご飯が本当に美味しかったー!

ビーフスストロガノフ!

行程の中で、1,2位を争うレベル。

f:id:ayacosmos:20180505165338j:image

 

中央市場は、お洋服とお花が多い。

f:id:ayacosmos:20180505165416j:image

f:id:ayacosmos:20180505165438j:image

子連れ極東ロシアの旅 2018年GW①ざっくり全体

今年のゴールデンウィークに。

夫、4歳娘、1歳息子とともに

ロシアのハバロフスクウラジオストク

行ってきました。

 


結論、めちゃくちゃ良かった。

主な理由は4つ。

①成田から近い

②気候が穏やか(食中毒の心配なし)

③子供に優しい(治安が良い)

④ご飯が美味しい

 


ざっくりの行程は、

4月29日 成田発→ハバロフスク

5月1日まで ホテルハバロフスク

5月1日夜~5月2日朝 シベリア鉄道車中泊

5月2日~5月5日 イクエータホテル泊

5月5日 ウラジオストク発→成田着

航空会社は、S7、

ホテルはagodaで手配しました。

 


値段の感覚として、

航空券 16万円

ホテル代 3.7万円(5泊)

シベリア鉄道2等車1泊大人2人 2.4万円

現地のタクシー、飲み食い、お土産代 

(我が家は酒代にかかる)11.5万円

あとは、ビザ!これは代行にお願いしたので

4人分で2.8万円

その他、グローバルWi-Fi海外旅行保険

成田の駐車場代など。

千葉に行ってみる②

千葉攻めから、10日ほど経ってますが、

息子は熱を出してません。逆に怖い…

 

初日のメインは、沖ノ島

というとこまで語りましたね。

その後、渚の駅で海鮮丼を食べ、、、

イオンでお酒などの買い出し。

この日の宿は、高鶴山荘という

ロッジ風のところに泊まりました。

 

f:id:ayacosmos:20170718210406j:image

娘はですね、こういう和式の部屋に来ると、

おかみさんのごとく、甲斐甲斐しく、

お世話をしてくれるのですよね。

お布団を一生懸命敷いてくれました。

夕飯も朝食も娘の分は付かなかったのですが、

白米がおかわり自由、ふりかけも付いてる

わけで、3才児には、これで十分。

とにかくお水と白米が美味しくて。

他にも御家族が何組か泊まってました。

 

翌日は、鴨川シーワールド!といきたいとこ

でしたけど、前日で海は充分ということで、

急遽、麻綿原高原へ。

Googleで、千葉 花 で検索すると、

引っかかります。

前年度の大雨の影響で、ある道路は

陥没?で、通行止めなどという記載があり、

無事着けるか心配でしたが、なんとか。

 

f:id:ayacosmos:20170718211005j:image

 

7月に紫陽花が満開なんて、とても珍しい。

一面が青い紫陽花です。

素敵なところでした。

 

f:id:ayacosmos:20170718211101j:image

f:id:ayacosmos:20170718211123j:image

 

帰りも海ほたるを渡って、無事に帰宅。

ドライバーの夫が眠い眠い愚痴るので、

起こさなきゃと必死に話しかけ、私も

昼寝は出来ず、、の車中でした。

 

次は山梨攻め、の予定です。

千葉に行ってみる①

4月17日月曜より、育休から職場復帰し、

はや2ヶ月半。

翌日早々にまさかの娘の呼び出しがあり、

もちろんその翌週、弟にも感染…で気づいたら

ゴールデンウィーク

5月は胃腸炎で、わりと病児保育多めの息子。

6月初旬の遠方泊りがけ出張はなんとか

乗り切ったものの…

アデノ二回目→手足口病→突発 と、息子が

三週連続発熱したときには、錯乱しました。

病児保育と実母ヘルプで乗り切りました…

 

そんな中ですが、強引に泊まりで

近距離旅行を決行。4人での泊まりは、

3月31日に相模湖プレジャーフォレストの

トレーラーハウス以来。

今回は、千葉県の南部に行って来ました。

 

金曜夜に、入浴、夕飯、洗濯を済ませて、

20時頃家を出発。

(夫が)車をかっ飛ばして、23時には

館山リゾートホテルに到着。

ここは、24時までチェックインOK、

素泊まりなら大人1人4000円ほど。お安い。

朝起きて、館内を探検していると、

なかなか小洒落てて、景色も良いことが発覚。

せっかくなので、娘と朝風呂を堪能しました。

露天ではないけど、太平洋が見えましたよ。

 

晴れた!ので、沖ノ島へ。ちょうど玄界灘

沖ノ島世界遺産登録でしたが、

我々は千葉県館山の沖ノ島です。

f:id:ayacosmos:20170709223407j:image

駐車場は、無料。海開きしてない?ため、

まだ海の家は完全オープンではない…

ものの、1000円払って、息子の避暑をさせて

もらってました。

f:id:ayacosmos:20170709223344j:image

娘は、夫と、泳ぐ。

私は息子と磯の偵察。

その後、娘に磯情報を展開。

イソギンチャク、ハゼ、カニと触れ合う。

大きいサザエを見つけてた人もいました。

またビーチに戻り、今度はお砂場セットで、

水遊び…ラッシュガードを着ていた娘は

そんなに焼けてないけど、日焼け止めも

塗らずに、ヒャッハー状態の夫は、

ほぼ火傷。背中が真っ赤になってました。

水陸両用イフミーのサンダルのおかげで、

波打ち際、砂浜、磯、森も娘は一足で堪能。

 

12時頃まで存分に遊び、渚の駅にて、

昼ごはんを食べました。勿論、海鮮丼。

f:id:ayacosmos:20170709222900j:image

味噌汁を貝汁へ変更したので、約2500円です。

高めですが、清潔感いっぱいだし、

お座敷もあるので、乳児連れには有難い。

バウンサーまで貸してくれた。

ここは、レストランの下に、

プチ水族館が。

14時半から餌やりタイムもあるみたいで。

やや、う◯こが、間に合わなかった娘が

いたので、テンション下がり、お着替え含め

餌をやらずに撤退。

夕飯後用に、イオンはお酒を調達に

向かいました。

②へ続く。

 

 

絵本の記録②

娘、紙芝居好きということが発覚しました。

 

今回借りた紙芝居

【はえとりぐものはっちゃん】

脚本 高家博成    絵 タダサトシ

蜘蛛のお話…可愛く書いてあるけど蜘蛛。

親は読む方で良かったです。。

子供はグロイという感覚ないのね、

素晴らしい。毎日一回は読んでます。

これを読んでから、「ケンカはダメだよ」と

言ってきます。

夫婦喧嘩を指摘される日も近い⁉︎

 

今回借りた絵本

【ぼくだってトカゲ】

内田麟太郎 文     市居みか 絵

娘の保育園マークが「エリマキトカゲ

なので、トカゲにまつわるお話を探して

見つけました。ただ、トカゲではなくて、

トカゲのしっぽがメインのお話。

最後の方で、しっぽから、トカゲ本体が

生えてくるシーンがあり、そこは、必ず

娘は「なぞる」という行為をします。

絵がポップで可愛いですよ〜。

 

【かくれんぼ】

せなけいこ 作・絵

いわずとしれた作家さんのお話。

ねないこだれだれいなはこ

は、持ってます。持ってる二つが怖めですが、

これは、明るいお話。

レモンちゃんやパイナップルちゃんを

探すのも、楽しいみたい。

 

 

 

広告を非表示にする